フィリピン古来より伝わる伝統療法“ヒロット”

森羅万象に霊魂が宿り、それぞれの神を尊び嵩めるという、自然と神と人間との共存を大切にしてきたフィリピン。

その始まりは、およそ5世紀頃・・・・。

ババイラン・クンマキ・カタロナンと呼ばれる、霊力が高い人々によって、霊的な癒しやヒーリングを施し、人々の苦しみを取り除いていました。

それは、「神から、特別な力を与えられた第三の目を持つ選ばれし者」として、人々の生活に欠く事の出来ない存在でした。

その一連の祈り、行為は、ヒロットと称され、現在まで脈々と口伝により受け継がれてきました。

神からの贈り物であり、 特別な家系の人々だけに代々受け継がれたヒロット。神の力が施術者の手に伝わり、“触る”ことで癒す・・・ 筋肉、血管、神経に刺激を与えて活性化させるだけでなく、手から伝わるエネルギーによって神のヒーリングパワーを身体のすみずみに巡らせ、本来の自然治癒力を回復させると考えられてきたのです。

伝統のヒーリングパワーを現代のすべての人へ

5世紀頃に起源を持ち、今日まで愛され、受け継がれてきたフィリピン伝統のトリートメント療法「ヒロット」。 それは古来、現地で「ピレイ(神経や血管が塞がった状態)」や「ラミグ(筋肉や関節が冷えた状態)」から人体を解放するものでした。 しかし、いわゆる「つまり」や「冷え」の改善は運動不足になりがちな男性や、日常のストレスに悩まされる女性など、現代に生きるすべての人に必要なもの・・・と、私たちは考えます。 現地フィリピンでは、今でも体質改善や病気予防の為の民間医療や、お産婆さんマッサージ、高級スパやサロンなどでのリラクゼーションとして人々に愛されています。

東洋と西洋の融合で、癒しとともに美と健康を追究

多文化との交流が盛んなフィリピン。 そんなフィリピンで育まれたヒロットは、東洋と西洋医学の様々な要素を組み合わせ、あらゆる面からのアプローチで体質改善、未病対策、リラクゼーション&デトックスとともにボディメイク効果も期待できるトータルケアです。

十指を使った独特の指使いの新感覚で斬新な施術

ヒロットは、リラクゼーションマッサージに多くみられる静脈やリンパの流れをサポートする手技と、 足や手の反射区を刺激することによる内蔵機能回復により、デトックスやむくみの改善を目指すだけでなく、 現代人の生活習慣やストレスによる動脈血のつまりを改善し、動脈も積極的に流す手技で新陳代謝を高めるトリートメントです。
動きの速い手技とゆっくり深くアプローチする手技で活性化と鎮静化を図り、 ダイナミックに身体全体のつまりやコリがほぐされ流されていくオイルトリートメントです。